FXを始めるなら取引可能な最小通貨単位をチェック

FXを始める際には取引業者を選んで専用の口座を開設する必要がありますが、その際には取引業者によってもそれぞれ特徴が異なっているという事は理解しておくべきです。



そのために色々な業者を比較してみる事が大切なのですが、その際に重要な要素の一つとなるのが取引可能な最小通貨単位についてです。

産経デジタルを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

一般的には1万通貨単位が基本となっていますが、その場合に円と米ドルの取引をする場合に円を売ってドルを購入するのであれば、いくら必要となるのかを理解しておく必要があります。



1ドルが100円だったとすると最低でも1万ドルの取引をする必要があり、取引額は100万円が最低限必要という事になります。


FXで取引をする際にはその際の100万円全てを自分で用意する必要はないのですが、取引額の4%は資金を用意しておく必要があり、この場合は最低限4万円は必要という事になります。
人によってはもっと少額で取引に参加したいというケースも考えられ、そのような場合には取引業者が設定している取引通貨単位をチェックする事が大切になるのです。説明したようにFXは1万通貨単位が一般的ではありますが、もっと少ない通貨単位で取引可能である業者もあり、例えば1千通貨単位ならば用意しなければならない資金が10分の一、つまり4千円で済むという事になります。
取引に用意できる資金が豊富にあるというのであれば1万通貨単位でも支障はないかもしれないですが、それでは負担が大きいと感じるのであればより通貨単位が少ない業者を探してみると良いです。